FC2ブログ
日帰り観光旅行orドライブ 関東甲信へ 豆知識と旅行吉日 
行き先に迷う人達に、日帰り関東甲信400件の観光コースを月別、地区別に紹介。 車は高速道路SAを出発、電車バスの人は観光地最寄の駅を出発。外国人や 地方からの人は飛行機で関東甲信日帰り観光旅行orドライブを、一泊すれば2地区の観光コース。旅の豆知識。更新随時。
7月の観光見所(静岡県下、山梨県へ)、旅行吉日と記念日等 
更新は3日後に、次回は茨城県、千葉県へ

7月の観光見所(静岡県下へ)

アロエ農園・南風園(JR東海道線菊川駅)、はまぼう公園(JR東海道線磐田駅、はまぼう200本)、磐田市竜洋海洋公園オートキャンプ場(磐田駅)、焼津さかなセンター

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  7月の観光コース  8月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
静岡・旧竜洋町(現磐田市竜洋地域)のいわれ。天竜川が太平洋に注ぐ町であるということで、竜と洋の文字をとって竜洋町になり、往時、天竜川の船運と江戸との間の回船業により小江戸といわれるほど繁栄したそうです。

7月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

7月の観光見所(山梨県へ)

富士山五合目(富士急行線河口湖駅、ハクサンシャクナゲ等)、河口湖ロープウェイ(天女山アジサイ公園)、富士スバルライン(もも狩り・ぶどう狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  7月の観光コース  8月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
山梨・旧河口湖町(現冨士河口湖町河口湖地域)のいわれ。昭和31年に河口村、船津村、小立村、大石村の合併の際、「河口湖」は県内および国内外に風光明美な湖として知られているものの、湖畔の地区に村名がなく、これを機会に、国内外にさらに印象付けようと「河口湖町」と命名されたそうです。
スポンサーサイト



7月の観光見所(神奈川県、伊豆へ)、旅行吉日と記念日等 

更新は3日後に、次回は静岡県下、山梨県へ

7月の観光見所(神奈川県へ)

最乗寺・道了尊(東海道線小田原駅、南足柄市、参道にアジサイ1万株)、アサヒビール工場、洒水の滝(JR御殿場線山北駅)、丹沢湖記念館(ブルーベリー狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  7月の観光コース  8月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
神奈川・南足柄市のいわれ。足柄の地名は、足柄山によって強く印象付けられており、単に足柄を市名に用いると、近隣の郡名との識別に困難が生じるため、由緒ある「南足柄」をそのまま市名にしたそうです。

7月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

7月の観光見所(伊豆へ)

らんの里堂ヶ島(伊豆箱根鉄道修善寺駅、西伊豆町、らん6000鉢等)、恋人岬(修善寺駅、恋人宣言証明書)、堂ヶ島マリン宝市場の海鮮バイキングなど、

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  7月の観光コース  8月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
伊豆・西伊豆町の郷土料理には1、塩かつお(別名正月魚といい、正月に神棚に供え以降、新巻きのようにして食べる)、2、押しずし(上方風に味付けし、一升炊きの量に入る箱に押さえて作る)など。
7月の観光見所(長野県、山梨県へ)、旅行吉日と記念日等 
更新は3日後に、次回は神奈川県、伊豆へ

7月の観光見所(長野県へ)

諏訪湖(JR中央本線上諏訪駅、カリン並木等)、小坂観音院(JR中央本線岡谷駅、アジサイ800株)、高島城祉(上諏訪駅、浮き城)、野沢菜漬け

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  7月の観光コース  8月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
長野・下諏訪町のいわれ。全国に1万余の御分社をもつ諏訪大社総本社の一つで、下社(春宮・秋宮)が鎮座している、その諏訪大社下社から名付けられたという。町のシンボルは花はツツジ、木は桜、いずれも諏訪地方随一の花の名所「水月公園」の代表的な花木であることから。

7月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

7月の観光見所(山梨県へ)

富士山五合目(富士急行線河口湖駅、ハクサンシャクナゲ等)、河口湖ロープウェイ(天女山アジサイ公園)、富士スバルライン(もも狩り・ぶどう狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  7月の観光コース  8月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
山梨・旧河口湖町(現冨士河口湖町河口湖地域)のいわれ。昭和31年に河口村、船津村、小立村、大石村の合併の際、「河口湖」は県内および国内外に風光明美な湖として知られているものの、湖畔の地区に村名がなく、これを機会に、国内外にさらに印象付けようと「河口湖町」と命名されたそうです。